若杉山遺跡 [阿南市/若杉山遺跡] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

わかすぎやまいせき anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県阿南市水井町

+ このマップの Wiki 記法

若杉山遺跡

若杉山遺跡:弥生時代終末〜古墳時代初頭にかけての辰砂採掘遺跡

Page Top

キーワード anchor.png

弥生時代終末〜古墳時代初頭にかけての辰砂採掘遺跡

Page Top

概要 anchor.png

那賀川をさかのぼり、鷲敷町との境には四国霊場二十一番札所の太竜寺がある。この太竜寺の北側の「若杉山」の標高140〜170mの山腹斜面に遺跡が広がる。1950年代には遺跡の存在は知られていたが、1984年(昭和59年)からの徳島県博物館による発掘調査で、その実態が明らかとなった。

 石杵(いしきね)・石臼(いしうす)や辰砂(しんしゃ)原石が大量に見つかっている。辰砂は、赤色顔料の「」の原料で、石杵や石臼などの石器を用いてこれを朱に加工する工程を若杉山遺跡で行っていたことが分かった。出土土器から弥生時代の終わりから古墳時代の初めまでが朱生産のピークと考えられる。

 全国的にみても辰砂を採掘する遺跡として唯一のもの。水銀朱は古墳時代前期などに古墳の埋葬主体に大量に使用される。若杉山遺跡で産出した水銀朱も各地の古墳築造時に運び出されていったものと想定され、古墳時代の広範囲な流通を知る上でも非常に重要な遺跡である。

http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/x00116x4aa703ea81662.jpg

若杉山遺跡から出土した水銀朱精製用の石器類 写真提供 徳島県立博物館

Page Top

問い合わせ先 anchor.png

徳島県立博物館

Page Top

参考文献 anchor.png

徳島県立博物館「辰砂生産遺跡の調査−徳島県阿南市若杉山遺跡−」1997年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 14077, today: 2, yesterday: 6
初版日時: 2006-03-03 (金) 19:27:10
最終更新: 2009-12-19 (土) 12:19:26 (JST) (2832d) by webmaster